CatalinaでWineが動かずMT4が使えない件

  • 10月 18, 2019
  • 3月 13, 2020
  • XM MT4
新人投資家
げっ!MacのOSを最新のCatalinaにしたらMT4が動かなくなっちゃった!
アルパカFX

そうなんだよ!XMを始めとしたMT4は32bitで動いているからそのままでは使えないんだよ。

アップグレードしてしまった場合は代替策が必要だね!

※追記:2020/3/5時点でもまだMT4のCatalinaでの動作は確認できておりません。
XM社へ確認をいたしましたが、対応は検討中のようですが、目処はまだ立っていないとのことです。
私もこの間色々試しましたが、Paralles Desktopが良いかと思います。Virtual Boxは遅すぎる。VPSはローカルに比べるとラグがある(FX自動売買なら24時間稼働するVPSが良いですが、裁量トレードでMT4を使うならParalles Desktop一択かと。)

MAC OS CatalinaでWineが動かない

2019/10/8からMACの最新OS「Catalina」がリリースされました。

早速、入れてみたのですが、色々問題点が出てきました。

そう、XM等のMT4を動かすのに必要なWine(WindowsアプリをMacで動かすためのソフト)が動作しないのです。

CatalinaでXM MT4が動かない

XMを始めとしたMac向けのMT4はWindowsベースのものをMacで動かすためにWineを活用しています。

そのため、XM(XMTrading)のMT4も動作しません。(2019/10/8時点)

↓アイコンは存在するがうんともすんとも言わない。。

CatalinaでMT4が動かない理由は32ビットだから?

実は、Catalinaで動かないアプリはMT4やWINEに限りません。

32ビットで動くすべてのアプリが動作しません。

Appleはこれまでも32bitのアプリに対して64bitへの移行を促してきましたが、今回のOSのでいよいよ完全シャットアウトに踏み切りました。

PC Watch

 米Appleは11日(米国時間)、macOS High Sierra 10.13.4以降で、32bitアプリケーション…

EASYWINEは64bit対応って書いてあるけど・・・?

WINEの日本語にも対応したEASYWINEは64bit対応済みとありますが、実際利用してみると正常に動作しません。

私のもだめでした。

今後、公式側でも対応が進む可能性がありますが、こればかりはいつになるかわかりませんね。

なお、XMから出ているMT4は32bitですのでそもそも動きません。

WINEがCatalinaに対応するのはいつ?

なお、WineアプリをリリースしているCodeWeaversは公式ブログで以下のように述べています。

Either way, it can be tricky for us because our 32-on-64-bit Wine is running both 32-bit and 64-bit code. The exception handling code of a 32-bit app, though, can only understand the state of the 32-bit code. We needed to find a way to represent the state when 64-bit code encounters an exception in a form that the 32-bit exception handling could, well, handle.

https://www.codeweavers.com/about/blogs/ken/2019/10/3/crossover-for-catalina-progress-october-3-2019

意味としては、64bitWineでも今は32bit用のコードも動いているということですね。

次期リリースで解消される可能性もありますが、次期は不明です。

WineHQというWineに関するフォーラム(英語)がありますが、こちらでも待っているユーザーがたくさんいるので、いずれ発表はあると期待して良さそうです。

GO64でCatalinaアップグレードを事前チェック

Catalinaにアップグレードをしようと思っている方は、一度踏みとどまったほうが良いかと思います。

MT4を動かしているなら尚更ですね。

事前に動かなくなるアプリはGO64という無料アプリで確認が可能です。

私ので確認すると、XM MT4は完全にアウトです。他にもアドビ系やScanSnap、NAS Navigatorと言ったアプリに影響がありました。

利用方法は簡単でダウンロード後アプリを起動させるだけです。デフォルトで32bitで動くアプリの一覧を表示します。

GO64アプリはこちら

 

CatalinaでMT4を利用するならParallels Desktop

CatalinaでMT4を利用したい場合は、10/8時点ではXM公式からは発表されていません。

そのため、既にアップグレードしてしまった場合は、MacOS上で、Windowsデスクトップを呼び出して、その中で利用するのが良さそうです。

以前から、Mac上でWindowsを利用したい方に人気なのが、Parallelsです。

 

Paralles Desktop 15 for MacはCatalina対応済

Parallesであれば、すでにCatalina対応済となっています。

2019年8月時点で対応することが既に発表されていたので、存分に利用が期待できますね!

 

Paralles Desktop 15 for Macは日本語対応済

日本語対応済です。

Parallesを利用しているユーザーはFXユーザーだけでなく、ビジネスユーザーに多いです。

エクセルやワードといったOFFICEプロダクト、Windowsでしか動かないアプリなどを利用する方に選ばれています。

Paralles Desktop 15 for Macは無料期間(フリートライアル)が2週間

有料ではありますが、無料期間が2週間あるので、利用する中で検討するのが良いでしょう。

 

VirtualBoxは絶対やめたほうが良い

無料で利用するならVirtualBoxを利用する方法もありますが、私のCatainaではバツマークが。もう一度入れ直す必要がありそうです。

なお、Virtual Boxの場合は、インストール後、ここにWindowsOSを入れたりとかなり準備に手間がかかります。

よっぽどPCになれた方でないのであれば、素直にParallesを利用するのが良いでしょう。

VPS(リモートデスクトップ)でも代替可能

MT4をMacで動かしたいならVPSを利用することもできます。

ただし、VPSは違う環境に(Windows)サーバーを用意して利用することから、ネット接続が必ず必要になってしまいます。

そういった観点でも、Parallesのほうが良いかと思われます。

アルパカFX
私もCatalinaにアップグレードしてしまったので、今はVPSを利用してMT4を使っています。すぐに対策されない可能性もあるので、アップグレード前の人はくれぐれも注意してくださいね

VPS(リモートデスクトップ)でも代替可能

前のバージョンMojava(ユーザーによってはそれ以前のバージョン)へダウングレードさせる方法もあります。

この場合は、バックアップをしっかり取ってから対応するようにしてください。

ダウングレード方法はこちらをご参考ください。くれぐれもバックアップを行ってください。

Qiita

#MacをCatalinaにしたらWacomのペンタブが動かない!macOS Catalinaにアップデートしたら、W…

ダウングレードが終わったらMT4の日本語化対応も進めましょう!

 

海外FX口座なら低資金から始めることが可能です!

国内FX業者(25倍)に比べスプレッドが500倍からと、手元の資金は1万円から始めることが可能です。

ゼロカットシステムにより、口座資金以上の損失は発生しません

XM ならXMポイントと呼ばれるポイントがトレードごとにたまります。これは、1トレード(1ロット:10万通貨)あたり最大733円のポイントバックが受けられます。

ポイントバックだけでなく、口座開設時に3000円のボーナス、更には入金時に50%ボーナスもつくので是非このチャンスにFXを始めてみてください!